One-on-One iross

 
「スケジュール設定型」のご利用方法 

One-on-Oneミーティングのスケジュール枠を事前に設定して案内メールを一斉に送付し、
機関投資家やアナリストが都合の良い日時を選択して申し込む方式です。
投資家からのエントリーに応じて自動的にスケジュール調整されていきますので、
電話やメールでひとりひとりに連絡する手間がかからず、IR業務を大幅に効率化できます。
 
 

 

 

①実施日程を決めます 

 
 
まず、One-on-Oneミーティングの実施日程を決めて入力します「スケジュール設定型」は決算発表後の個別訪問や取材受付、電話会議の受け付けに最適です。
 

 

②案内先を選んでメールで告知します 

 
 
投資家属性などで案内先を選択することが可能です。設定した案内先に個別訪問や取材受付の開催予定が一斉にメール送信され、受付が始まります。
 

 

③投資家から申し込みがきます 

 
 
あらかじめ設定したスケジュール枠の中から、投資家が都合の良い日時をカレンダー上で選択してOne-on-Oneに申し込みます。
 
 

 

④受付確認メールが自動送付されます

 
 
One-on-Oneミーティングの申し込みが確定すると、投資家には「受付確定メール」、御社には「投資家からの申し込み受付メール」が自動的にシステムからメール送信されますので、電話やメールでひとりひとり連絡する手間がかかりません。リマインドメールも自動的に送信されます。
  
 

 

⑤予定がカレンダーに反映されます

 
 
確定したOne-on-Oneミーティングの日時は自動的にカレンダーに反映されます。Googleカレンダーにも同期できますので、IR部門で予定表を共有したり、移動中にスマートフォンで確認することも可能です。また、確定したOne-on-Oneミーティングはコンタクト履歴にも自動的に反映されます。